バラエティ番組

日本一の氷瀑に挑む・立山連峰ハンノキ滝 見逃し配信 動画 再放送 単独初登攀(はん)の記録」

日本一の氷瀑に挑む・立山連峰ハンノキ滝 見逃し配信 動画 再放送 単独初登攀(はん)の記録」

2021年5月29日(土曜日)18時からNHK BSプレミアムで『日本一の氷瀑に挑む「立山連峰ハンノキ滝 単独初登攀(はつとうはん)の記録」』動画や見逃し配信再放送の記事です

放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

『日本一の氷瀑に挑む「立山連峰ハンノキ滝 単独初登攀(はつとうはん)の記録」』動画や見逃し配信再放送はこちら
————————-

日本一の氷瀑に挑む「立山連峰ハンノキ滝 単独初登攀(はん)の記録」/番組内容

北アルプス立山連峰の称名峡谷にある落差500mのハンノキ滝。2021年2月、一人の青年が単独で凍り付いた氷瀑の完全登攀(はん)に挑んだ。前代未聞の挑戦の記録。

北アルプス立山山中に500mの落差を誇る幻の滝がある。雪解けの時期だけ現れる「ハンノキ滝」だ。冬、ハンノキ滝は全面結氷し日本一の氷瀑となる。その巨大な氷瀑にたった一人挑むのは、門田ギハード。W杯決勝にも残った日本人最強のアイスクライマーだ。待ち受けるのは、岩盤を覆う薄く不安定な氷、断続的に襲う雪崩、いつ崩れるともしれない垂直の氷柱…これは無謀な挑戦なのか?それとも世紀の大登攀か?驚異の登攀の記録。

日本一の氷瀑に挑む「立山連峰ハンノキ滝 単独初登攀(はん)の記録」 キャスト

【出演】門田ギハード
————————-

『日本一の氷瀑に挑む「立山連峰ハンノキ滝 単独初登攀(はつとうはん)の記録」』動画や見逃し配信再放送はU-NEXT

お試し期間があってそれで試してみてよければ加入ができるという点がいい事でそして内容を見てみてさまざまなジャンルの物があって自分特に国内ドラマを見ていて楽しいしいつでも見れる事と懐かしい物まであってとても充実した内容で映画もアニメもあって幅広くて最新作も見れてとてもいいと思います。なかなか仕事で遅い時が多いので録画してみたりもしますが貯まってしまうからこの配信サービスならそういった事もなく見れて休みの日に見たりして気分転換をしています。海外映画も好きなので見たりしていてレンタル屋さんへ行かなくてもいいという点もいい所だと思います。前は借りて来て見ていたので返却しに行くのが大変だから便利ですしいい作品が沢山ありお値段的にもそんなに高くはないので満足しています。配信も早いので最新作などもみれて嬉しいですし自分の好きな俳優さんのとかを見たりとかしていてこういった時代になったんだなという気持ちです。かなり進化してきていろいろな所がありますがここのが自分は好きで加入をしました。ジャンルが豊富なのが魅力的で気にいっています。韓国ドラマもありますのでたまに見ますがいい物があって飽きないです。

日本一の氷瀑に挑む・立山連峰ハンノキ滝 見逃し配信 楽しみな点

立山連峰の中を流れる日本一の規模の滝「称名滝」には、雪解けの季節にだけ現れる落差500mの「ハンノキ滝」が現れ、二つの滝が落ちる美しい景色が見えるそうです。今回の番組ではこのハンノキ滝が冬に氷結した際の氷瀑を登るというドキュメンタリーだそうで、人間の力の及ばない大自然の雄大さを感じることができそうだと感じました。
氷瀑と化したハンノキ滝のアイスクライミングに挑戦する門田ギバートさんはエジプト人と日本人のハーフで、W杯決勝に残った実力あるアイスクライマーですが、実は昼間にサラリーマンとして働きつつ、夜にトレーニングを積むという異色クライマーであることに興味を持ちました。仕事で得た資金と有給休暇を使いながらアイスクライミングに挑戦していく姿、退勤後の限られた時間の中でトレーニングや筋トレを行いながら、様々なアイスクライミングの大会に門田さんは挑戦しているそうで、彼の挑戦的な姿が大変魅力的だと感じました。
今回の番組でも門田さんが雪雪崩が起きやすく不安的な氷に覆われた氷瀑であるハンノキ滝にどのように立ち向かっていくか見るのが大変楽しみです。今回のクライミングの結末がどのようなものになるのか、門田さんの挑戦が無事成功することを楽しみにしながら、放送日を待ちたいと思います。

日本一の氷瀑に挑む・立山連峰ハンノキ滝 見逃し配信視聴者感想

500mの落差のある、北アルプス立山山中にある、『ハンノキ滝』という滝が、雪解けの時期にだけ現れるというので、とても興味が湧きました。冬になると全面凍結し、日本一の氷瀑になるそうなので、とても圧倒されるような、幻想的な映像が見れそうで、そんな景色を見てみたいなと思いました。日本一の氷瀑なので、凄い迫力がありそうです。冬の雪景色が好きなので、どんな景色が見られるのか楽しみです。その日本一の氷瀑に、日本最強のアイスクライマーの門田ギハードさんが一人で挑むという事なので、凄い映像が見られそうだなと、ワクワクします。岩盤を覆う薄く不安定な氷や、断続的に襲う雪崩、いつ崩れるともしれない垂直の氷の柱など、想像しただけでも怖いなと思うような状況で、最後まで登りきれるのだろうかと、ハラハラしそうです。その氷瀑に一人で挑むので、危険な事もありそうで、見ていて力が入りそうだなと思いました。もし最後まで登りきれたら、見ている自分も、一緒になって喜び、感動してしまいそうです。登りきった時にはどんな気持ちになれるのだろうと、想像してしまいます。感じたことの無いような達成感がありそうだなと思いました。そんな凄い挑戦をする門田さんを見ていると、自分も何かに挑戦してみたくなるような、良い刺激がもらえそうです。一人で集中して楽しみたい番組だなと思いました。

まとめ

「そこに山があるかだ」という言葉は、当時の大登山家ジョージ・マロニーが、
人類初のエベレスト登頂に挑戦する際の、
新聞記者の質問に対するものだと伝わっています。

しかし正確には「なぜエベレストに登るのか?」という問いに、
“Because it’s there”と返答したといい、
つまり「そこにエベレストがあるからだ」となるそうです。

この言葉の意味するところは、従来の捉え方である意味深な哲学ではなく、
自らの人生をかけた登山活動において、前人未到の山を自分の足で征服したいという、
登山家の本能的基本的願望を表明した言葉なのかもしれません。

いずれにしても山登りに命を懸けるなどは、
私のとっては到底理解できるものではありません。
何十メートル、何百メートルの垂直の、
さらにはオーバーハングさえある険しい岩壁を登攀するなどは、
想像しただけでも震えが走ります。

全くとんでもない行為の何物でもありません。
言わせてもらうならただ一言、
「なんで、わざわざそこを登ろうと思うの?」しかありません。

500mの凍った滝を登る、なんていうのにも同様です。
もう信じられない。
悪い事は言わないから、お止めなさい。ホント危ないから。
でも彼は登るのです。

(無料視聴できます)

↓ ↓

『日本一の氷瀑に挑む「立山連峰ハンノキ滝 単独初登攀(はつとうはん)の記録」』動画や見逃し配信再放送はこちら