スポーツ

クロスカントリー日本選手権見逃し配信2021動画(クロカン)2021ネット配信中継(福岡)や再放送の無料視聴tbs公式サイト

クロスカントリー日本選手権見逃し配信2021動画(クロカン)2021ネット配信中継(福岡)や再放送の無料視聴tbs公式サイト

2021年2月27日(土曜日)15時30分からTBSテレビで『クロカン・クロスカントリー日本選手権2021』が放送されます

インターネットpc(ネット)vod(ビデオオンデマンド)スマホ,iphone(アイフォン)について見る方法は下記です

見逃した方、放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

クロカン日本選手権2021のリアルタイムや見逃し配信中継や再放送はこちら

クロスカントリー・クロカン日本選手権2021番組内容

福岡市の海の中道海浜公園で行われるクロスカントリー日本選手権は、急こう配の丘や行く手を阻む砂地、連続アップダウンの3つの難所がランナーを待ち受ける。優勝者には東京五輪代表選考を兼ねた日本選手権への出場権が与えられる。田中希実が2年ぶりの優勝を狙う。ニューイヤー駅伝を制した富士通の主力や順天堂大学のスーパールーキー・三浦龍司も登場。瀬古利彦・増田明美・原晋をはじめ豪華ゲストがレースを徹底解説!

クロスカントリー・クロカン日本選手権2021 キャスト

【スタジオゲスト】
瀬古利彦(日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトリーダー)
増田明美(スポーツジャーナリスト)
原晋(青山学院大学陸上競技部長距離ブロック監督)
【レース解説】
両角速(東海大学陸上競技部中長距離・駅伝監督)
【レース実況】
宮脇憲一(RKBアナウンサー)
【インタビュー】
本田奈也花(RKBアナウンサー)
【U-20競技ネット配信実況】
井口謙(RKBアナウンサー)

クロスカントリー・クロカン日本選手権2021みどころ

「草原の格闘レース」とよばれるクロスカントリー。日本では、まだまだ馴染みがないかもしれませんが、長距離走で野山を駆ける陸上競技の一種です。特に草原地など整地されていないコースで、中長距離走で争われる場合が多く、男子、女子ともにアフリカ・ケニア勢が強さを発揮しています。今回、個人的に注目したいのは、日本の女子の第一人者である田中希美選手(同志社大学)です。駅伝の名門である西脇工業高等学校(兵庫)の出身で、東京オリンピックの内定選手でもあります。今大会では2年ぶりの優勝を狙います。今回はスタジオゲストも豪華なメンバーとなっています。世界に誇る、日本男子マラソンのスペシャリスト、早稲田大学、社会人のヱスビー食品でも活躍し、お正月の箱根駅伝の解説でもお馴染みの瀬古俊彦さん、日本女子マラソンの草分けであり、選手の視点に立った、あたたかい解説が好感の持てる増田明美さん、そして、大学駅伝界の常勝軍団・青山学院大を率いる原晋監督が日本のトップランナー達の走りを見守ります。レース解説を務めるのは、東海大学の両角速監督。普段は原監督と大学駅伝日本一を競い、しのぎを削る両角監督が、原監督とどのようにトークを展開するのかにも期待したいです。

クロスカントリー・クロカン日本選手権2021楽しみな点

毎年、話題の選手が多く出場してくるこのクロカン。必ずと言っていいほどドラマが起こる、クロカンならではのドキドキを楽しみにしています。テレビで生中継されるのは、男子10kmと女子8kmで、この二つのカテゴリは実業団や大学生の注目株が激しいトップ争いを繰り広げるため、スタートからゴールまで目が離せない、一見の価値のあるレースとなっています。今年の男子10kmは、昨年優勝した富士通の浦野雄平(昨年は国学院大学)が、連続でエントリー、いつも弟を引っ張りながら、上位に食い込む田村和希(住友電工)、友佑(黒崎播磨)兄弟ら、昨年の1.2.3位がどんなレースをするのか、また、先日の実業団ハーフマラソンで泣きそうな顔をしてフィニッシュした塩尻 和也(富士通)が調子を戻しているのかもきになるところ。他にも岸本大紀(青山学院大学)や鈴木 塁人(SGホールディングスグループ)など新しい顔ぶれの走りも気になるところ、女子8kmでは、昨年の優勝者である石澤ゆかり(ディオン)がエントリーしていない様子。昨年3位の萩谷楓(エディオン)は一人で走ることに、昨年2位の和田有菜( 名城大学)と1.2.3位が1秒差のデッドヒートの再現を、今年は二人で見せてくれるのか?それとも新女王が誕生するのか?また、U20男子8km、U20女子6kmもダイジェストながら放映されるはず、全国トップクラスの高校生たちの走りも中継してほしいものです。

クロスカントリー・クロカン日本選手権2021 視聴者感想

『クロスカントリー日本選手権』の、開催が迫ってきていますね。福岡市の海の中道海浜公園で行われるこのイベントは、東京五輪代表内定となっている田中希実選手が注目されている目玉ポイントですね。それだけではなくて彼女は2年ぶりの優勝も狙っていると言う所も見逃せない箇所ですね。男子の方では富士通から松枝 博輝選手や潰滝 大記選手塩尻 和也選手の3人が実業団の王者として出場していますし、順天堂大学からは三浦 龍司選手がスーパールーキーとして注目されていると言うのもポイントでしょう。今年のクロスカントリー日本選手権はコロナの流行の影響で、開催される現場は参加者やスタッフなどの全員に体調チェックを行って、観覧するのは控えてもらうと言う形式となっていますね。控えるよう通達されているのに観覧する様な人はまあいないのでしょうし、TBSテレビの地上波で放送されますし、テレビを見ながら出場選手を応援させてもらうのがベストでしょう。クロスカントリーは「草原の格闘レース」と言われるほどの陸上競技で、会場の海の中道海浜公園は、丘や砂地が行手をはばみ連続アップダウンがある難所が3箇所あり通常の陸上レースよりも辛い競技なのでそれを乗り越えて行く選手たちをじっくり見たいと思います。

まとめ

クロスカントリー日本選手権は箱根駅伝で注目してる選手や、オリンピックを目指している選手の対決が面白いレースになりそうで注目しています。10000mで東京五輪参加標準記録に迫っているトラックのトップランナーの田村和希(住友電工・25)や、全日本実業団ハーフマラソン4位(日本人2位)の古賀淳紫(安川電機・24)、ニューイヤー駅伝1区区間賞の松枝博輝(富士通・27)、同駅伝5区区間2位で3000m障害有力選手の青木涼真(Honda・23)などいろいろな選手が出場します。
また、箱根駅伝ルーキー対決が見られるのも面白いです。日本陸上競技選手権大会5000m U20日本記録更新の吉居大和(中央大学)、3000m障害で日本歴代2位の三浦龍司(順天堂大学)、今年の箱根駅伝では快走を見せてくれたスーパールーキーの松山和希(東洋大学)などの対決が楽しみです。
クロスカントリー日本選手権が開催される福岡市の海の中道海浜公園は、天候によりぬかるみのあるところや、急こう配の丘や行く手を阻む砂地、連続アップダウンなどがあり、厳しいコースとなっています。出場選手選手の脚力が問われる内容となっていますが、箱根駅伝などで注目していた選手がどんな走りをするのか楽しみです。また、箱根駅伝の熱がまだ冷めていない人からすると今から楽しみで早く見たいです。

(無料視聴できます)

↓ ↓

クロスカントリー・クロカン日本選手権2021見逃し配信はこちら