未分類

the tokiwa 日本テレビ 動画 見逃し配信 thetokiwa 放送地域 関西,大阪,名古屋,北海道,福岡,岡山,広島の放送局にないとき

thetokiwa the tokiwa 日本テレビ 動画 見逃し配信 放送地域 関西,大阪,名古屋,北海道,福岡,岡山,広島の放送局にないとき

2021年2月27日(土曜日)13時30分から日本テレビが放送されます『新企画!漫画家発掘ドキュメントバラエティーTHE TOKIWA(ザトキワ)』動画見逃し配信再放送の記事です。

放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

the tokiwaの無料視聴

the tokiwa/番組内容

この番組は、漫画界の未来を担う、次世代のスター漫画家を発掘するドキュメントバラエティー。
一般応募から選ばれた漫画家のたまごたち数名が、オーディション企画に参加し、番組が出す課題に挑戦する。
オーディションを通過した1名は、原作者がこの番組用に新たに用意する原作をもとに漫画を製作し、電子コミック配信サイト『まんが王国』での掲載権を得る。

the tokiwaストーリー性

漫画家のオーディションということで、自分の知らない世界の裏側を覗けることが楽しみです。漫画の世界にすごく詳しくはないですが自分も小さい頃から楽しませてもらい、大人になっても好きな漫画があります。漫画は世代を超えて共通で楽しめるものだと思うのでそういった心に残る作品をぜひ世の中に届けてほしいです。そして、狭き門を潜り抜けてオーディションを勝ち抜くのは一体どんな方でどのような漫画を描くのか気になります。まんが王国で掲載されるということなので、多くの人たちの目に触れる機会を得て、活躍することを期待しています。漫画やアニメーションと言った緻密で根気のいる作業をここまで続けてこられてきたということも興味深いですし、中々芽が出ないさなかにはどんなモチベーションで続けてきたのかというところにも注目しています。漫画を通していろんな人間のルーツや人生観を探れるというところが面白そうでもあり、楽しみな点でもあります。漫画を読むことで勇気が湧いたり、感動して泣けたりという心を動かされた経験が何度もあるので、今後もそういった作品に出会えることを期待しています。オーディションの様子をいち漫画家のような気持ちでドキドキしながら、放送を楽しみたいです。

the tokiwa 楽しみな点

海外の人々から見た日本に対するイメージとは何でしょうか?
かつてはサムライ、忍者、富士山といったものが日本を代表する文化イメージだったようです。
しかし、21世紀に入った現在、日本を代表する文化イメージはアニメ・漫画といったサブカルチャー文化に取って代わられているように感じますね。実際、インターネットで海外の動向を探っても、実際に海外に行ってみても、日本のアニメや原作となる漫画の人気ぶりに驚かされます。
そんな日本の国家イメージを支える漫画界を支えているのが、各作品を描いている漫画家たちです。
しかし、描いた作品が人気作となるスター漫画家はごく一部で、夢破れた漫画家が多いとも伝え聞きます。
それでも、漫画界の未来を考えるなら、今は無名でも、将来人気作品を生み出すかも知れない有望な漫画家を支えたいと思いますね。
今回の番組は、漫画家発掘ドキュメントバラエティ―と称されていて、一般応募から選ばれた漫画家のたまごたちにオーディション企画に参加してもらうとのこと。
番組が出す課題に、漫画家のたまごたちがいかに挑むのか? このオーディションに勝ち抜いた漫画家には、電子コミック配信サイト『まんが王国』での掲載権が与えられるとのことで、大きなチャンスとなりそうです。
将来のスター漫画家が、この番組を通じて誕生することに期待したいですね。

the tokiwa 視聴者感想

漫画家発掘ドキュメントバラエティーという聞いたことのない斬新な企画のバラエティー番組で、普通のバラエティー番組とは違った面白さがありそうで、とても楽しみです。今、私が読んだり、見ていたりする漫画家の方達は選考を超えて様々な経験を超えてきたプロの方達で、そのなるまでの道は見ることのできないことだと思います。なので、どんな漫画家の卵たちがいるのか、どのような人が選ばれていくのかを見れることに一番期待しています。番組側が出す課題に挑戦し、見事オーディションを通過した1名は、原作者が新たに用意した漫画を電子コミック配信サイトで有名な『まんが王国』に掲載される特権を受けることができるので、この番組で勝ち抜いた人の作品を楽しみに待って、後で『まんが王国』でみようと思います。番組が出す漫画家たちへの課題がどのようなものになるか気になります。そして、その課題に挑戦していく漫画家の卵たちの発想や、才能が見ることができそうで期待しています。また、この番組を通じて漫画家になりたいと夢を持った人たちが課題を通して勝負していき、本気で夢をつかんでいく姿が情熱にあふれていそうで楽しみです。最後に選ばれた人がどのようなことを言うのかも楽しみです。

まとめ

昔は漫画家も弟子入りする時代でしたが今はオーディションで選ばれるんですよね。時代も変わったな。と思ったらもう当たり前ですよね。昭和の考えと令和の考えは違いますよね。私は電子書籍と言う物を読んだことがないです。時々ネットで短編マンガがあるので読むのですがあれがそうなのでしょうか。でも電子書籍って読みやすいんですかね。まあこの番組とは関係ないのですが、今後私が電子所で気を読むのかどうかを決める番組でもあると思うのです。もちろんマンガそのものの面白さもそうですがやはり電子所で気の読みやすさそれをチェックしたいなと言う気持ちが強いのです。今の漫画家はパソコンで漫画を描くんですよね。昔は筆と鉛筆でが当たり前だったのに。何だかURLを見ただけでちょっとしんみりしてしまっている自分がいます。でもこれからは令和の時代です。令和をしょって立つ漫画家たちを選ぶオーディション番組。漫画家を目指す人は今も昔も多いでしょう。でもその中で生き残るのはほんの一握り。これは芸能界も漫画界も一緒の世界だと思うのです。何はともあれ昭和生まれの私には電子書籍ってどうゆう物なんだろう。ここからのスタートになります。選ばれた人達ばかりが出場するのですから面白いのは解り切っていますから。

(無料視聴できます)

↓ ↓

the tokiwaの無料視聴